【ゆるゆる知育】幼児から小学生までためになる絵本。どんどんめくってはっけんシリーズ

当サイトではアフェリエイト広告を利用しています。
当サイトではアフェリエイト広告を利用しています
教育・学習

夏休み中、家にいる時間が長いので、暇があれば子供と一緒に本を読んでいます。

その中でも、お気に入りがこちら。

学研の「どんどんめくってはっけんシリーズ」です。

どんどんめくってはっけんシリーズは現在6種類。

我が家が購入したのは、からだのふしぎ、うちゅうのふしぎ。

他にはかがくのふしぎ、ちきゅうのふしぎ。この2冊は日本科学未来館監修なので中身が期待できそう。(日本科学未来館大好きです。)

それと、コンピューターのひみつ、こうじげんばのひみつ

私が次に欲しいのはコンピュータのひみつ。

小4長女がプログラミングを勉強しだすも、私が全然わからない。子と一緒に学びたい。

理科の前段階、子供がいろいろなことに興味を持てる絵本

中身はこんな感じ

長女が年長の時に購入しましたが、きっかけは

「食べたご飯はどうなるの?」「心臓ってなんで動いてるの?」と体のことに興味を持ちだしたから。

興味を持った時がチャンス!自然に楽しく学んでほしい。

からだのふしぎ を購入しました。

文章がすべてひらがななので、年長の娘も自分で読んでいました。

うちゅうのふしぎを購入したのも、小学校に入り、朝に月が出ているのを不思議に思ったり、地球が太陽の周りをまわっている、ということにびっくりしたとき。

興味に合わせて、楽しい絵本を買ってあげたい。

めくるだけで楽しい、けれど内容もかなり濃く、もり沢山

どんどんめくるシリーズ、その名の通り、めくるしかけがたくさん!

めくっては読み、めくっては読み…飽きません。

繰り返し読むことで、どんどん知識が豊富に。

このようにめくる箇所が2重、3重になっています。

内容が濃い

また、内容が濃く、小4になった今でも取り出してはじっくり読んでいます。

分厚くできているので、丈夫です。多少めくり方が荒い部分は破れていますが、その都度テープで修正しています。

絵もかわいいので、リビングに置いて、いつでも手に取れるように

絵本はしまい込まないで、目につくところ、手に取れる場所に置くのが大切だと思っています。

しまい込むと読まない。暇なときに目につくことが大事。

この本、リビングに置いておいてもごちゃっとしない(と思っている。)ので、こんな感じで飾っています。

ごちゃついて…ないよね??(笑)

子供が興味を持った時に適した絵本を!

知育、というほどがっつりしていないけれど、興味に合わせて質のいいものを提供していきたい、と考えています。絵本を購入する時のご参考になればうれしいです。



この記事を書いた人
ちもっこ

30代パート主婦。2人の小学生姉妹の母。
夫と4人+1匹(犬)暮らし。
子供とおでかけ、旅行をするのが大好き。
最近は塾に行かずに子供の能力を伸ばしたい、とお金のかからない教育方法を試行錯誤中。
自分の体験したお得情報、役立ち情報を紹介していきます。
愛知県在住。

ちもっこをフォローする
教育・学習
スポンサーリンク
ちもっこをフォローする
ちもっこ綴り

コメント

タイトルとURLをコピーしました