もくもくファームOkaeriビレッジに宿泊・朝のお仕事を体験してきた!予約方法に注意!体験談です

当サイトではアフェリエイト広告を利用しています。
当サイトではアフェリエイト広告を利用しています
もくもくファーム 朝のお仕事 旅行

もくもくファームの『Okaeriビレッジ』に宿泊してきました!

Okaeriビレッジ
Okaeriビレッジ
もくもくファーム

三重県伊賀市のもくもくファーム内にあるコテージです

三重県伊賀市にある、もくもくファーム。

正式名称は「伊賀の里 もくもく手づくりファーム」です。

お友達から「とにかく食べ物がおいしいよ」と聞いて、行ってみたいー♪と思っていた。

もくもくファーム内のOkaeriビレッジという宿泊施設に宿泊すると

「朝のひとしごと」というものが体験できるらしい!

「宿泊者限定で体験できる」…この限定という文字に弱い。限定ならぜひやってみたい

と気合を入れて宿泊してきました。

朝のお仕事は宿泊者のみが体験できる、貴重な体験です!

Okaeriビレッジに宿泊すると、朝のひとしごとに参加することができます(希望者のみ・無料)

Okaeriビレッジはもくもくファームのすぐ横にあります。

Okaeriビレッジに宿泊すると様々な特典があるのでかなりお得。コテージ代も安く、お食事もおいしいので、すごくおすすめ。

Okaeriビレッジ宿泊者特典

・宿泊日、翌日のもくもくファーム入園料が無料に(通常は3歳以上600円/人)

・温浴施設「もくもくの湯」が宿泊者料金で利用できる

(大人850円→500円、小人500円→300円)

「朝のひとしごと」に参加できる(追加料金なし)

特にこの、「朝のひとしごと」はもくもくファームで実際に飼育されている動物たちのお世話をしたり、育てている食べ物の手入れをしたり…

子供にぜひとも経験してもらいたい内容。(しかも追加料金なし‼‼‼)

朝のひとしごと目的で宿泊される方も多いとのことで、人気の体験だそうです!

お仕事は3種類あった(季節や時期により変動あり)

私たちが行った時期(4月中旬のお天気の良い土日)には3種類のお仕事がありました。

時期により変動したり、天気により変動したりするようで、いつも3種類、というわけではなく、内容も随時変わっているようです。

お仕事内容によって、徒歩移動だったり、バス移動だったり、移動手段にも違いがありました。

お仕事内容は結構がっつりお仕事でした。

お客様扱いではなく、結構頑張って掃除しました。

朝のひとしごとは午前6時半~です

午前6時半はなかなかハードルが高かった…我が家には…。

それでも頑張って起きて、髪の毛ぼさぼさ&すっぴん気にせず頑張ってきました。

朝のひとしごとは希望者のみなので、宿泊者全員が参加しなきゃいけないものではないです!

希望者のみですので、ゆっくり寝てたいわ~という方はもちろん参加しなくてもOK

それでも、貴重な経験なので、ぜひとも参加してほしいです‼

宿泊すると、朝食もついているので、ぜひお仕事してから朝食を!

Okaeriビレッジに宿泊すると、朝食ブッフェもついてきます。

ひとしごと後の朝食は本当においしかった!

子供たちも「働いたからおいしぃー‼‼‼」と一丁前に言ってました。

多分働いてなくてもおいしいけれど、働いた後、というのは格別でした!!

朝のお仕事の予約はチェックイン後の先着順!チェックインは15:00~

朝のお仕事の予約はチェックイン後の先着順です。

チェックインは15:00からですが、我が家は朝からもくもくファームで遊んでいたため、チェックイン時刻の15:00にはチェックインせず…

遅れてチェックインしたため希望のお仕事をできず…。

それでも16時ごろにチェックインしに行ったのですが、

その時にはすでに一番やりたかった「ジャージー牛のお仕事」が満席になっていました

これはすごくショックが大きく…15時にチェックインしておけばよかった…と大後悔

予約はチェックイン後、先着順に紙に名前を書きます。

朝のひとしごとの予約はチェックイン後の先着順です。

チェックイン後、先着順に部屋番号と代表者の名前を書いていきます。

我が家が行った時には「ジャージー牛のお仕事」の定員は60名だったのですが、1時間ほどの間で満席になっていたようです…。残念過ぎる。乳しぼりしたかった…。

乳しぼりのできるお仕事が人気でした!希望がある方はお早めに!

我が家が行ったときはコテージ満室の混雑日だったようですが、それでも先着順の予約を甘く見ていたのを後悔しました…。

第2希望の馬のお仕事は無事に予約し、体験できたので良かったのですが、馬のお仕事も夜には満席になっていました。

希望のお仕事がある方で時間に余裕のある方は、早くにチェックイン&予約をすることをお勧めします。

チェックイン・予約は代表者1名でOK

ちなみに、チェックイン時にコテージの説明を受けたり、宿泊代の支払いなどを行いますが、チェックイン、朝のひとしごとの予約、ともに代表者1名が手続きすればOKでした。

ですので、パパがチェックインしている間、ママ&子供たちはもくもくファームで遊んでる、としててもOKでしたよ!

朝のお仕事(馬のお世話)体験レビュー

まずは集合 6時25分

てるてるハウス

てるてるハウスというこちらの受付に6時25分に集合します。

前日深夜までお酒を飲んでいたため(もくもくファームのビールが美味しかった)…朝起きるのがつらかった!

徒歩で「のんびり学習牧場」に移動。

集合した後は、徒歩で「のんびり牧場」まで移動します。

もくもくファーム のんびり学習牧場
のんびり学習牧場
もくもくファーム 朝のひとしごと 近道
宿泊者は近道で行けます。

こののんびり学習牧場は、結構遠い…。

徒歩15分予定ですが、みんな歩くの早く、子供たち走っていました。

結構歩きます。階段もあります。小さい子は抱っこ紐で移動していました。

遠回りをすればスロープもありましたが、ベビーカーでも上り坂がかなりきつく、山道なのでなかなか大変かも。

とありえず朝イチで寝ぼけたまま歩いたので、結構つらかった。日頃の運動不足が…。

馬のエサ準備、小屋掃除、ブラッシング

のんびり牧場に着いたら、早速お仕事開始。

長靴は貸し出しをしてもらえます。それでも動きやすく汚れても良い服装で行くのが良いです。

そして、朝晩は結構寒いので上着必須(春ですが日中は半袖でも朝はもこもこ着ている娘。)

もくもくファーム朝のお仕事
お馬の朝ごはんを準備します
もくもくファーム朝のお仕事
小屋のお掃除。手前はポニーのフンの山。

お仕事はまずはお馬さんたちの朝ごはん準備。

2種類の牧草をミックスして、お馬のエサやり場所まで運んでいきます。草の塊をほぐして、同じバランスになるようにせっせと運ぶ。

その後はお部屋の大掃除

大きなスコップで馬のフンたちを集めて小屋をきれいにします。結構体力仕事。

最後はお馬のブラッシング

ブラッシングが1番楽しかった。お馬についた泥汚れや毛の塊をとかしていきます。

気持ちよさそうにしているお馬もいて可愛かった。

ご飯を食べてくれたお馬さんたち

お仕事後は朝ごはんのブッフェ会場に。ブッフェが何を食べてもおいしくて‼‼‼‼

お仕事が終わった後は、また歩いて朝食ブッフェ会場「PaPaビアレストラン」まで向かいます。

このころには目が覚めて、生き生きと歩けました。おなかもすいてきた。

待ちに待った朝食。もくもくファームのソーセージやパン、ジャムがたくさん。

おすすめは牛乳とヨーグルト!とっても濃厚!

ソーセージもたくさんの種類がありました!テンション上がる!

美味しかったのだけど盛り付け方が下手…。

すごくおいしかったのだけれど、おいしさをなかなか伝えられないこの盛り付け方…。

センスなさ過ぎて…。おいしさが伝わらないのが悔しい…。精進します。

食事後はコテージまで送迎バスがあります

おなか一杯に食べた後は、Okaeriビレッジに戻ります。ゆっくり歩いて帰ってもいいし(徒歩10分弱)

送迎バスがあるので、送迎バスで帰ってもOK。

バス乗り場には竹馬やわなげもあって遊びながらバスを待ちました。

子供には良い体験、Okaeriビレッジに行く方はぜひ参考にしてね。

動物に間近にかかわれる経験。

朝のお仕事で乳しぼりができなかったのは残念でしたが、馬の小屋のお掃除やブラッシング、なかなかできない貴重な体験ですよね!

特に動物好きのお子さんには体験してほしい内容。

娘たちは自分の準備したご飯を食べてくれる様子を見て喜んでいました。

お仕事後の朝ごはんは一段と美味しい‼‼‼‼

そして何度も繰り返しになりますが、とにかくお仕事後の朝ごはんが美味しくて仕方なかったです。

ただでさえおいしいご飯が一層美味しく感じたのは

早起きしてたくさん歩いて働いたから‼‼‼

貴重な体験ができる「朝のひとしごと」体験される方の参考になればうれしいです!

なお、この体験談は2024年4月のものです。

時期や季節により内容や価格は変更がありますので、公式サイトの情報も参考にしてくださいね。

この記事を書いた人
ちもっこ

30代パート主婦。2人の小学生姉妹の母。
夫と4人+1匹(犬)暮らし。
子供とおでかけ、旅行をするのが大好き。
最近は塾に行かずに子供の能力を伸ばしたい、とお金のかからない教育方法を試行錯誤中。
自分の体験したお得情報、役立ち情報を紹介していきます。
愛知県在住。

ちもっこをフォローする
旅行
スポンサーリンク
ちもっこをフォローする
ちもっこ綴り

コメント

タイトルとURLをコピーしました